スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

夏休み親子ネイチャーセンターツアー

平成30年8月の金曜日・土曜日・日曜日は親子を対象にしたネイチャーツアーを開催します。

ボート遊び・小さな生きもの探し・森の探検など自然が大好きになれるネイチャーツアーに参加してみませんか?

 

 

ナショナル・トラスト・シンポジウム開催に関するお知らせ

本日7月7日13時より四万十町役場東庁舎多目的ホールで開催を予定している、

「ナショナル・トラスト・シンポジウム」は、歓迎イベントが中止になりました。

講演に関しては予定通り開催します。

 

今後の雨の状況によって随時変更点がでてきる可能性もありますが、

現時点でのお知らせをさせて頂きます。

2018ナショナル・トラスト全国交流大会in四万十

四万十川流域には上流から下流域、太平洋に至る多様な自然環境があります。

しかし、こうした地域が連携した生態系保護の取り組みはあまり行われてきませんでした。

 

森・里・河川・海の生態系を保全するには、それぞれの地域で活動している個人・団体等が、

単独で生態系の保全活動に取り組むだけでなく、流域や都市住民が協力して取り組むことが必要です。

 

幸い、四万十川流域では、トンボの生息する水辺や、ヤイロチョウの森の保全に

ナショナル・トラストで取り組む活動が行われてきました。

また、漁民とともにホェールウォッチングに取り組み、砂浜を美術館として利用する活動も行われています。

 

こうした活動を持続的に継続し、流域全体に発展させるため、日本ナショナル・トラスト協会と共催で

四国初の全国交流大会を開催することとなりました。

 

連休中の森や水辺で楽しむ行事のお知らせ

ゴールデンウィークに植樹イベントを実施します!

ヤマザクラやヤマグリなどの広葉樹を植樹するほか、

ヤッホー展望台でヤッホーと叫んだり、

バードウォッチング、ボート体験、生きもの探しなど、

盛りだくさんのイベントですよ!

 

ただ今参加者募集中ですので、参加を希望される方は、

四万十ヤイロチョウの森ネイチャーセンターまでご連絡ください。

東京と四万十を結ぶヤイロチョウ秘話〜2018ナショナル・トラスト全国交流大会in四万十プレイベント〜

2018ナショナル・トラスト全国交流大会in四万十プレイベント第二弾!

 

ヤイロチョウは長野県より西の地域を中心に飛来する希少な夏鳥ですので、事前に関心を高めるためのプレイベントとして、

2016年に生態系トラスト協会と「ヤイロチョウ保護協定」を締結した王子ホールディングスのご協力をいただき

講演会「東京と日本を結ぶヤイロチョウ秘話」を開催します。

 

〜プログラム〜

〇挨拶(共催・後援・協賛団体より)

 

〇講演1/中村滝男(公益社団法人 生態系トラスト協会会長)

演題:「まぼろしの鳥」ヤイロチョウを追って50年

 

〇講演2/蒲谷剛彦(日本野鳥の会奥多摩支部幹事)

演題:父・蒲谷鶴彦が四万十の森に出かけた57年前のヤイロチョウ録音旅行

 

〇講演3/南谷幸雄(栃木県立博物館学芸員)

演題:四万十の森でヤイロチョウ餌のカンタロウを研究

 

〇パネルディスカッション/テーマ『東京と四万十を結ぶヤイロチョウ』

コーディネーター:門司和夫(元東京支部保護部)